2007年10月19日

機動新世紀ガンダムX 第一話

「月は出ているか?」

 や、おもしろい。いいですよ、やっぱり。CSでは三度目、DVD-BOXを含めれば四度目の 『X』 。昨日は先行放送だったので第二話観賞はもうちょい先になりますが、やっと始まってくれたなと。嬉しいな。他のアニメは感想書く気にならないしそもそも観る気も起こらないのですが、これだけはねえ?
 というわけで、今日から三度目の 『機動新世紀ガンダムX』 感想を書いていこうと思います。どうぞよろしく。

 ナレーションの仕掛け、三度目ですからもうわかってます。何度聴いてもいい声ですよね〜。
 ビットシステム、Xだけでなくエアとレオもだったとは。たぶん二度目の感想で触れてなかったんじゃあ? サテライトキャノン無しなのでXほど脅威じゃなかったでしょうけど。

 アバンからOPまでの流れは鳥肌立ちますね。もう、この先何が起こるのかどうなるのかわかっているのに興奮してしまう。何度観ても、何かこれから凄い作品が始まるんだという感覚にさせてくれるのってそうそうないよなあと思ったりします。
 OPパートでEDテーマのクレジットがあるアニメっていつ頃からなくなったのかなあ? などと関係ないことを思ったりもしましたが。最近サントラをipodに入れて聴いていますがやはりいい曲です。

 職探し偽ニュータイプコンビ、通称 “赤い二連星” 。こいつらがいないと始まった気がしない。注意して観てみると流れ弾喰らって死んだように見えますね。よく生きてたよなぁ。
 ガロードは10代だというのに荒みきっています。しかし行動は荒んでいるものの表情や口調に幼さを残しているあたりに、アフターウォーの世界観を見て取れますね。上手いなあ、こういうの。あと、ガロードにやられたMS乗りを取り囲んでいる住人たちの得物がやたら物騒だったのも世界観を感じさせますね。包丁・釘バット・シャベル、もう完全にリンチでキルですな。

 で、第一話の本筋であるティファ奪還とGX-9900搭乗は…これはもう言うこと無し!
 よかった。ティファは相変わらずだしね。アニメキャラの中で二人だけ、いわゆる “美少女(可愛い少女ではない)” だと思っているキャラがいて。それがホシノ・ルリとティファ・アディールなのですよ。ここでぼくの “美少女観” について書くことはしませんが。いや、よかった。まさに王道ボーイ・ミーツ・ガールな展開。
 ニュータイプという言葉を用いずにティファの能力を演出したり、上手いよね。GXのイメージとか着弾点予測とか。ガロードもニュータイプ云々は別としてティファの力とその力ゆえに狙われていることを察知したり、歳の割りに聡いんですよね。これがアフターウォーの世界観。


 三度目になると、新たな発見があって楽しいな。
 第一話はもう完璧でしょ。世界観の提示、キャラ演出、プロット、すべての要素が絶妙に絡み合っていると思いますね。GX初体験のときはちょいと退屈とかほざいてましたがね。ぼくだって成長してるんです。
 野暮なこと言わせてもらえば、フリーデンは艦の外に管付けているのはおかしいと思う。まああれがなければガロードはティファに逢えなかったわけですが。あんなもん、攻撃受けたら一発でオシャカですよ。そもそもあれ、何の用途?

 まあ、でもすごくおもしろかったです。『OO』 は観てないし観る気もないのですが、個人的には 『OO』 観る時間があったら 『X』 を観た方がいいと思いますよ。



※第一話 「月は出ているか?」 感想
初視聴時感想
・2004年11月18日投稿

再視聴時感想
・2005年4月5日投稿
posted by あぷろん at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 機動新世紀ガンダムX (再々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。