2005年12月13日

機動新世紀ガンダムX 第三十七話

「フリーデン発進せよ」

あれ?ガンダムXの翌日感想アップなんて珍しいんじゃないかな。
やっぱり月火と連休だったのがよかったのか。
本日のフォークリフト運転技能講習2日目・実技試験をギリギリの成績で合格。
あとは明日の学科試験に合格すればよいわけです。
この感想書いたら早く風呂入って予習して寝よう。


もう今回はあまり書くことがないんですよね。
最高!としかいえない。
戦争前の登場人物のあれこれ。
ウィッツとトニヤ、ロアビィとサラ。サラとジャミル。
そして真打ちガロードとティファ。
どれをとっても良いシーンでした。
特にガロティファのキスシーンは作画の凄さに再びたまげました。すごいですよね、あの作画は。
もう全エネルギーを注入したんじゃないかと思えるくらい、全編通して群を抜いているクオリティじゃないですか。
いやあすごかった。
月下のティファが綺麗だなあとか、ガロードがティファの隣に座ったときにその距離の近さに二人の歩んできた短いですけど道程と心の距離が縮まっていった過程を思い出し、ティファがガロードに必ず帰ってきてと懇願する表情が決して甘えたりねだったりするものではないところにティファの強さを感じ、その後のもうひとりはいやだと言うときの表情にやはりか弱い少女の面影を見て、二人の唇が重なるまでの間と瞳を閉じて首を傾けて顔が近づいていく演出とアニメーションに赤面しまくり。
D.O.M.E以外では初のナレーションがティファだったのだと今さら気付いてみたりもしました。
ニコラの最後の表情がやたらカッコよかったなあなんて思うのも再びのこと。
ニコラがランスローに託したニュータイプ・オールドタイプという垣根を越えた平和な世界という言葉はいいな、と思う。
が、いまだにニュータイプ・オールドタイプという言葉を使わなければ表現できないのが皮肉だとも思う。
ガロードのように行動で語ることが出来なかったのが無念です。
相変わらずメリハリの効いた場面転換で飽きることなく最後まで楽しめました。ガロティファのキスシーンとかね。
舞台と謎の答えが “月” に向かって収束しつつあるなあと感じ、やはりこの作品は “月” が似合うと思いました。
私を月に連れて行ってください。fly me to the moon!
ニューフリーデン発進シーンは鳥肌立った。
その他トニヤやエニル、テクスが語る戦後の地球やフロスト兄弟が相変わらず腹黒美形なブラザーなのもエニル専用MSがダブルエックスたちと並んで整備されていたりする細かな配慮が行き届いた造りも最高。
EDクレジットの演出担当を見たら女性だった。
なるほど。通りで。
でも、女性だから出来る男性だから出来ないってわけじゃないけど、こういう演出はいいよなあ。
ガンダムは男のものだって感じもしない、女性がスタッフに加わって腐女子とやらの視点で造られるのでもない、幸せな時代に造られたガンダムシリーズなのかもなあ。
なにわともあれ、あと2話だからさ、寂しいね。
終わる感覚と続く感覚がごちゃまぜなんですよ。
あくまでもぼくたちが観ることができる物語は三十九話で終わるだけ。
ガロードたちの物語はずっと続くんだろ?
ああ、早く観たいような観たくないような。


初視聴時の感想はコチラ⇒『機動新世紀ガンダムX』 感想 第三十七話 「フリーデン発進せよ」
posted by あぷろん at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 機動新世紀ガンダムX (再) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フォークリフト合格おめでとうございま〜す。
さてとうとう残り2話ですね。寂しいなぁ。
ティファとガロードのキスシーン。やっぱりまともに見れません。
フリーデンの発進はカッコよかった。船の名を聞かれてフリーデンですと答えるカリスが粋。

来週はD.O.M.E.で再来週はお終いか。月曜の楽しみが一つ減るなぁ。
Posted by ワカバ at 2005年12月18日 11:44
>ワカバさん

ありがとうございます〜。
昨日初めて乗ったのですがダメでした。
年内は慣れることに専念してフォークマンとして仕事をするのは年明けになりそうです。

ああぁ〜残り2話になっちゃいましたね。
昨年も今年もガンダムXの放送スケジュールとともに一年の終わりを感じることになろうとは。
例のキスシーンは作画の凄さに「これを見ろ!」というスタッフの気合を感じましたね。
間の取り方といい絵コンテといい二人の動きといい、アニメーションというのはああいうことも表現できるのだと驚いたものです。
フリーデンの発進シーンは作画面ではそれほどカッコよい印象を受けないのですが、どうしてなのかもの凄いカッコよく感じたんですよ。
演出とこれまでの物語の文脈が影響してるのかなあ。

このコメントを書いているのが月曜なので今日が三十八話ですね。
あっという間でした。
ホントに月曜の楽しみが減ってしまいますね。
来年も何とかしてガンダムXに接することが出来ないものか思案中です。
DVD−BOXかな?こりゃ。
Posted by あぷろん@管理人 at 2005年12月19日 06:00

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。